アンティークとは?魅力・種類・各地域ごとの違いなど基礎知識を詳しく解説

アンティークとアンティーク調の違い

骨董品や古美術品全体を意味する言葉となってます。
古ければ古いほど商品に対して価値が上がるのです。
何年前からアンティークと呼ばれるのかといった正確な定義はないですが、大体100年以上の歴史があるものに対して、アンティークと名付けられることが多いのです。
さまざまな家具でも商品価値があるものに用いられるケースが多くなってます。
その他に衣類やアクセサリーなどの商品にも名付けられてることが多くなっているのです。
アンティーク調は本物に似せて作った商品のことですので安くはないものとなるので、購入する時には注意が必要となります。
見た目が本物のようですが、専門家が見れば簡単に見極めができるのです。
偽物との見極めが重要なポイントとなりますので、きちんと商品を見ることが大切ということです。
アンティーク調は似せて作られた商品となってますので、偽物とわかって購入するならいいですが偽物を買わされないように注意が必要です。

アンティークデザインをセンスよく部屋に配置するには

アンティークと一口に言ってもさまざまなデザインがあります。
ヨーロッパ調のものが好きなのか、アジアンテイストでまとめるのかによって部屋の雰囲気を大きく変わってきます。
また、アンティークというと重厚感のある家具が多く、見るのは好きでも部屋に配置するには敷居が高いと感じる方が多いかもしれません。
ですが、アンティーク調のものや、少し前の昭和時代のレトロなものであれば金額はそれほどせずに、統一感を出してセンスよくそろえることも難しくはないのです。
部屋が和室で洋風のアンティークには手を出しにくいと感じる方がいるかもしれませんが、明治時代では、畳の部屋にベッドとテーブル、椅子を置き、それを上手くマッチさせて品良く飾ることも出来るのです。
逆に、フローリングだけれど和ものが好きで、フローリングに和ものを飾りたいと思っている方も、センスよく配置するのは難しくはありません。
ただし、統一感、たとえば色味をブラウン系で揃えるなど統一を出すことでくつろげる空間になるはずです。

アンティークに関する情報サイト
アンティークの基礎知識

このサイトはアンティークとはどのようなものなのか、その魅力から種類・各地域ごとの違いなどまで幅広い基礎知識を詳しく解説しています。これから骨董品の奥深い世界を知りたいという人におすすめなので、ぜひ参考にしてみてください。骨董と骨董調のものはどういった違いがあるのか、と行った内容の情報もご紹介しています。骨董の家具や雑貨などをどこで手に入れたらよいのか、購入先についての情報も解説しているのできっと役立ちます。

Search