アンティークとは?魅力・種類・各地域ごとの違いなど基礎知識を詳しく解説

アンティーク家具や雑貨などの購入先

アンティークとは製造してから一定の年数を経過した古物のことであり、本来であれば物品は価格が低下するのが一般的ですが、購入者が多く人気が高いという理由で価値が高くなったものを言います。
この価格変動については市場が形成される中で構築されるようになり、その物品の状態や製造方法などを参照に価値が決定されます。
今では市場が拡大したことで業者がアンティークな家具や雑貨などを入手する方法も多様化していますが、現在でもその中心は個人からの買い取りです。
アンティークはその大部分が現在でも個人の所有物になっていて、その所有者が市場に供給しなければ商品にならなくなっています。
特にインテリアは所持している人が既に使用しているため、これを購入するには本人の了解が必要になるでしょう。
このような理由から大量に供給されないため価格が下がりにくくなっていますが、現在は個人であってもインターネットを使って自由に売買できるようになったことから、そこから業者が購入するケースも増えています。
アンティークのインテリアは愛好者が入手すると再び市場に供給される可能性が下がってくることから、その数が増えにくくなっているというのが現実です。
そのため販売業者はネットワークを広く張り巡らし、関連する情報に対して迅速に対応することが求められます。

アンティーク品のお手入れ方法についてポイントとは

自分好みのアンティーク品に出合い、手に入れると嬉しくなるものですが、いざお手入れとなるとどうすれば良いか悩むのではないでしょうか。
アンティーク品は年代物なので、基本的に何らかの方法で長きにわたって状態が保たれてきたはずです。
特にお手入れの指定がない品物については、基本的に乾拭きをするだけでOKと考えられます。
木製の製品はオイルやワックスを塗りたくなりますが、水回りで使うものや乾燥が酷くて傷んでいなければ、どちらも不要だと思われます。
ラッカーなどの塗装仕上げのアンティーク品は、乾拭きですら傷がつく恐れがあるので、拭き掃除も最小限に留めるのが望ましいです。
このように、積極的に手を入れないと状態を保てないイメージのアンティーク品ですが、実際はそれほど手を掛けなくても良いことが分かります。
本革製品は経年でオイルが抜けたり、表面が乾燥してひび割れてくるものもあるので、そういう素材や状態のものについては、適したケアをしてあげるのが良いのではないでしょうか。

アンティークに関する情報サイト
アンティークの基礎知識

このサイトはアンティークとはどのようなものなのか、その魅力から種類・各地域ごとの違いなどまで幅広い基礎知識を詳しく解説しています。これから骨董品の奥深い世界を知りたいという人におすすめなので、ぜひ参考にしてみてください。骨董と骨董調のものはどういった違いがあるのか、と行った内容の情報もご紹介しています。骨董の家具や雑貨などをどこで手に入れたらよいのか、購入先についての情報も解説しているのできっと役立ちます。

Search